<< 観ると言う事ー自己観察 | main | 悲しいとき >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

無償の愛

 
娘が進路で悩んでいる。

そして、本当にしたいことは何?の質問に

「困っている子どもたちを助けたい。」と言った。

私が18歳の時進路を決めた時と同じことを娘が言った。

とっても嬉しかった。

娘はさまざまな体験の中で苦しみ、悲しんだ。

そして周りの人に助けられ這い上がった。

慈愛に満ちたやさしい子である。

心の痛みを味わったから強く優しくなれる。

そして友達や先生への感謝をいつも忘れていない。

どんなに親子でけんかしても繋がっている。

ママ、あの時私のこと一生懸命だった、ありがとう。

と言ってくれた時は再び大泣きした。

娘は平凡じゃなかったけどそれは最高の経験だったといえる。

人の役に立ちたいという娘の言葉それは私への最高のご褒美だ。

娘のエネルギーはものすごい。生きるというパワー全開だ。

そのパワーは苦しい人困っている人に光を与えるだろう。

娘もまたそういうお役目なのだ。

人の幸せのために生きると決めると宇宙は容赦なくサポートする。

魂を輝かせるために時にどこまでも無情に悟るための試練も与えてくる。

試練は確かに辛い。

そのでも試練があるからこそステップアップできるのだ。

だから実は試練はありがたい。

試練は本気で今世この命をささげて世の中の役に立とうと決めたものだけに
与えられるプレゼント。

勇気あるものだけに。



だから辛くても必ず乗り越えられる。


では、試練とはなんでしょうか?

辛い。苦しい。ムカつく。

自分の思い通りにならないとき悩むのですね。

その感情を観ていくと。

ムカつくのは何ででしょうか?

責められ、馬鹿にされ、下げずまれる。

責められ、馬鹿にされ、下げずまれると何でムカつくのでしょうか?

私はそんな人間じゃないと事実を認められないから。

あなたにそんなこと言われる筋合いないと受け入れられない。

自分は正しいと思っているからだ。

だから相手は間違っている。

自分がもし正しかったらそんな相手は現れないのです。

人を馬鹿にし下げずむ相手はただ自分の姿を映し出しているにすぎません。

どんなにひどいことする人でも100%相手が悪いということはありません。

その姿は自分なんですから。

他人は自分の内面を映し出してくれているだけです。

その姿が醜かったらそれは自分の醜さです。

こんなに醜いのか?と見せてくれているのです。

あぁ、自分もずいぶん人を傷つけたんだなと反省する。

人を好き嫌いでジャッチしまた、自分の気に食わない人は下げ済み排除する。

嫌いとか気に食わないとかでジャッチしているうちは他人が自分だとわかっていない。

その残酷な人は自分の姿なんだから。

自分ならどうする?攻め返しますか?

その残酷性をうけいれますよね。

この世のいい悪い全部自分の姿です。

他人を非難するのではなく、自分がされて嫌なことはしない。

誰も傷つけない、ただ無償の愛でいい。




最後まで読んでくださりありがとうございました。
fukuchansmile * - * 00:11 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:11 * - * - * pookmark

コメント

ふくちゃん、ステキな娘さんだね!
Comment by 山本くに子 @ 2012/06/15 7:57 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ