<< 真の美しさは自分の本質の中にある | main | 困った時こそラッキーと思え >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

自分の人生を生きる

 
こんにちわ。

エキスパートガイドの福寿谷です。
今日もまた雪が降りそうなくらい寒いですね。
温かくしてお過ごしくださいませ。

さて先週娘の大学のセンター試験がありました。
その日は早起きをしてお弁当を作りセンター会場まで送りました。
「いってきます」
と娘は何度も私を振り返りました。
センター会場に向かう学生たち
その一人ひとりに今日までのドラマがあったはずだ。
青春は甘酸っぱい。
真っ直ぐな純粋性に心打たれる。

あと1か月頑張れ!
顔晴れ!
受験生よ。

買い物をしたとき後から考えて
やっぱりこれは自分には必要じゃなかった。
と後悔したことありますか?

それが返品しにくいものもあります。
絵を買った時などがそうです。

その時良いな、と思っても後から違うと思うこと。
その絵を思うと何故だか暗い氣もちになる。
でも書いてくれた人にそれを言うのはなんだかその人を否定するようで言いにくい。

感情は恐怖がある。

価値観は一度決めたことを変えることはいけないことだ。
一度決めたら変えるべきではないという価値観。

一度決めたことを氣もちが変わったからと断ってはいけないという決めつけがある。

何でそんな考え方をするようになったのだろうか。
相手を傷つけると思う考え。
相手の思い通りにしないと嫌われる孤独になるという恐怖。
だから自分の氣もちを素直に出すことが怖い。

心変わり・変更は果たしていけないことだろうか。
そのことで否定されるのか。

自分には合わないなという仕事をがまんして続けること。
自分とは合わないなと思う人と結婚している人。
言いたいことを言えない。
したいことができない。
のは何故?

自分の心に嘘をついてまでそうする意味ってなんなんだろうか?
他人次第。
人のいうこと聞かなくてはいけない。
他人の評価が大事。
自分は他人から認められないといけないから。
他人は果たして認めてくれていないのだろうか?
そう思っているのは実は自分の心なのだ。
他人は自分が他人のいうことを聞かないと認めてくれないという価値観。
私は本当は他人の
言うこと聞きたくない。
他人の言うことばかりを尊重していたら
自分の人生が生きられない。

他人には何の問題もない。
その現象は自分の意識の表れでしかない。


最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

福寿谷信江
fukuchansmile * - * 19:02 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:02 * - * - * pookmark

コメント

すばらしい、最高に精妙な自己観察のシェア、
ありがとうございました!
すごく勉強になりました。
涙も出てきました。
本当にありがとうございました!!!
Comment by 上野聡一朗 @ 2013/01/25 2:48 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ