<< 今この瞬間に生きる | main | どっちでも幸せ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

いつでも笑顔で!

 
こんにちわ。
エキスパートガイドの福寿谷信江です。

みなさまお元気ですか?
雨など降ってまたしっとり氣持ちが鎮まりますね。
今日もこのブログを読んで下さり大感謝です。
ありがとうございます。

先日箱根の九龍神社に行きました。
何年も前から行きたかったところなのに行かずにいたのです。
人間明日死ぬかもしれないのに
行きたくてそのままにしていたところ
やりたくてそのままにしていたこと
今やろう!
と思いたち、出かけました。

お天気サイコー
芦ノ湖の遊歩道を歩いていくと
若葉の匂いや土の匂いが
湖の波たつせせらぎが
静かなる自分を呼び起こします。

風のささやき
鳥のさえずり
若葉のおしゃべり
その光の中でただ鎮かに歩きました。
龍神の氣を感じながら自分と共にいるその時間は
今私に必要な栄養でした。

九龍神社のほとりはしずかにそこにありました。
しーんと鎮まっていて本当に氣分が良かったです。

行きたいところに行けて良かったです。
今を楽しまなければ楽しめる明日などやってこないと思います。
みなさんも自分を大切にしてあげてくださいね。




さて行きます。
先日目にとまった言葉がありました。


「リーダーの原点はいつでも上機嫌で
希望の旗印を掲げ続けること。
これを降ろしたら誰もつぃてこない。」

そうだなと思った。
幸田先生がおどおどしたり文句いったりしているとこ観たことないし
いつも「大丈夫だ」とどーんとしていてくれている。
前向きではつらつとしている。

以前先生から
「うちの社長はいつでも笑顔でいるんだよ。」
と言われるようになりなさい。
と言われた。

当時は
「だってそうもいかない時もあるのよー」
と思っていた。

でも今は先生の言葉の深い意味が少しわかるようになってきた。
いつでも笑顔で希望の旗印を掲げつづけるそういうリーダーになりたいと思う。

どんなことがあっても笑顔で受け入れていくその強さの意味がわかってきた。
それは妥協ではない。
それは我慢ではない。
それは思いこませることではない。

上っ面の笑顔ではない。
受け入れる笑顔であり
許しの笑顔であり
いたわりの笑顔だ。

私はIRMで受け入れることを学んだ。

ずるい人や嘘をつく人、人を馬鹿にする人さまざまな人を受け入れることができた。
受け入れるんだ!だという思いこみではなくて。

自分を怒らせる他人には何にも問題はないことを知った。
自分がそれをどう捉えるかに問題があるという事。

自分特有の価値観
自分独自の常識

何で自分はその人をそういう風に見ているのかな?
何でムカつくように考えてしまう生き方を自分はしてしまうのかなー?

自分の思い通りにさせたいとか。
傲慢な自分をそこで観ることができました。

その相手が自分の鏡として見せてくれているずるさや嘘を知ることができました。
あんなひどいことしていない。
あのずるい人が自分の鏡・自分だと思えない。

でもずるい自分っていました。
自分で決めたことをやらないことです。
今日アイロンかけしなければならないのに寝てしまう自分。
朝決めた時間に起きないで30分寝てしまう自分。
自分との約束を破っています。

そういう鏡として自分の姿を教えてくれています。
自分の中のマイナスに気づかせてくれる人です。
自分のマイナスをプラスに変えるチャンスをくれている有難い人です。
感謝ですね。

この間のアカデミーでひらりーが言ってました。
鏡として観るだけでは現実は変わらないと。

自分が行動して変わることでしか現実は変わらないのだと
ずるくない自分になること。
決めたことをちゃんとやる自分を大事にする人になること。

ずるいことされたら悲しいし嘘つかれたら悲しい
それを自分にしないようにしようと思う。
決めたことをちゃんとやることは自分を大事にしてあげることだとわかりました。


そうやって問題は相手にないことを知ることで自分を変えるようになります。
それが受け入れるということなのです。

歳を重ね経験を積むことで受け入れることがどんどん増えて行く。
そして自分独自の価値観をそぎ落としていくことができる。

そして本当の笑顔が生まれるという訳です。

これからも精進して
いつでも笑顔でいられる人になりたいです。

最後まで読んで下さりありがとうございました。


福寿谷信江





fukuchansmile * - * 17:52 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:52 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ