<< 肝心なことをやる | main | 息子の中にあるポテンシャル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

わかったつもり


こんにちわ。
エキスパートガイドの福寿谷信江です。

今日は友人の齋藤かおるさんの電子書籍の出版記念パーティがありました。
「人生がひかる.ユニバーサルダイエット.5つの宝箱」 
〜心も体もにっこりするceciliaゴールデンレシピつき〜
グットタイム出版より8月11日発売です。

また今日はかおちゃんの絵の個展も同時開催。
どこまでも優しいうきうきする絵です。
そして心と体の目覚めをサポートすると言うかおちゃんの愛に満ちた食事も
いただきました。

パーティにいらしていた方々も個性的な方々で、
メルヘン作家とかメルヘンカメラマンとかスポーツ選手や
グラフィックデザイナー、作曲家、音楽家、英語の先生やら楽しいメンバーでした。

クリエイティブな場というのは本当に居心地がいいものです。
芸術の素晴らしさもありますがやはりそこに集まる人ですね。
大事なのは。
美しいと感じる人の氣がいいのです。




そうです。

人。

自分以外は全員他人です。
犬や猫からお金をもらうわけじゃなく私たちはお金も人からもらいます。
人を愛し人を憎み
良いことも悪いことであっても全て人を通して体験します。

この他人大事ですねー。
だって他人しかいないのですから。

では私たちはどれくらい他人のことをわかっているのでしょうか?
身近な人でもたとえ一緒に暮らしていたとしても
よーく考えてみるとその人の人生を知っているとは言えません。

自分のことですら100%わかっていると言えないのですから。

他人のことを何%わかったつもりになっているのでしょうか?
本当のところのその人をよく知りもしないで
こういう人!と決めつけ
わかったつもりになって誤解したりしています。

あなたは私のことを愛しているからとか、
家族だからとか、

私のことわかって当然!!!なんて。

すごっいー!すっごーい!傲慢ですね。

本当のところの他人の心は図りしえないのに。
何を考えどんな傷をおっているのかわからないくせに。

わかったつもりになっちゃいけませんね。

本当のところわかっちゃいないんだから。
その他人のグレートさを。

自分に嫌なことする他人であっても、

自分のものさしで観るんじゃなくて
その人の過去・人生の体験を思いやった時
もっと優しくなれるんじゃないか、
もっと優しくすればよかったと思います。

IRMでは他人は宇宙の入り口。
宇宙とはその人の内的宇宙のことです。

嫌だと思う人はすべて自分の価値観を上質にさせてくれるために存在してくれている。

以前の私は好き嫌いが激しく
嫌だと思う人がいて苦しんでいました。

先生は
「他人は100%自分を写す鏡です」
「他人は100%自分」
「嫌で嫌で仕方ないその人が本当に自分だったとわかったとき浄化される」

と言われました。

その時自分と他人は別でした。
だから現実を嫌なことをする他人のせいにして生きていました。

だって。でも。
と人のせいにしていました。

自分が創造主である生き方とはほど遠いものでした。

他人がこうこうするから私は不幸せなのよー。
幸せの決定権は他人次第です。

でも本当は私はこういう生き方が嫌でした。
すべての人を愛したかったのです。
他人を憎んでいる自分が本当に嫌でした。

だからIRMを始めました。

他人はどこまでも自分だった!
自他一体。

他人は自分を覚醒させてくれる有難い存在だと
わかればわかるほど
他人を世界を愛せるようになれます。

他人はどこまでも自分だから
自分を高めれば高めるほど相手を高められます。

そうして幸せの輪が広がっていく。

そんな仲の良い社会にしたいです。



最後まで読んでくださりありがとうございました。








fukuchansmile * - * 22:09 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:09 * - * - * pookmark

コメント

いつもありがとうございます
ここ最近ほしかった答えに
気づかせてもらえました
本当にありがとうございます
沢山見習うことがあります
教えてくれてありがとうございます
Comment by kana @ 2013/07/18 7:20 AM
コメントありがとうございます。
お役に立てて私も本当に
嬉しいです。
これからも精進していきます。
読んで下さり有難うございます。
Comment by ふくちゃん @ 2013/07/18 11:35 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ