<< わかったつもり | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

息子の中にあるポテンシャル

 
みなさん、こんにちわ。
エキスパートガイドの福寿谷信江です。

今日は高3の息子の進路相談で学校に行きました。
そして帰り道お茶の水の銀座アスターでお食事しました。
ここは思い出の場所です。
とても懐かしかったです。

6年前中学受験の一次試験で落ち二次試験も絶望で終わったその日。
2人でここに来たのです。

21階からの景色は大雪であたり一面が真っ白でした。
人生にはいろんな挫折があることや
私は息子の人生を信じていること愛していることを話したことを覚えています。

それまでも何かあるたびに人間の価値は何であるかを話しあってきました。
私たちは心を開きあい信頼を深めていきました。

そうやって生きてきた道のりは私たちの宝ものです。

「覚えてる?ここ?」
と聞くと黙ってうなずいていました。

私たちはアスター麺と春巻きとフルーツたっぷり杏仁豆腐
何故か偶然6年前と同じものを頼みました。

私は大学受験の息子の心配を全然していません。
息子を完全に信頼しています。
家族を思いやる優しい息子ですから。

帰りは満員電車でした。
押しつぶされそうになる私を知らん顔しながらかばったり
黙って荷物をもってくれたり
つっけんどうだけど私を守ってくれています。

息子は私を助けるために生まれてきてくれたのかな。

私は本当に幸せです。


いじめや吃音を乗り越えた息子。
どんな状況の中でも私は息子の中にあるポテンシャルを念じ続けてきた。
そのポテンシャルを信じ続けてきた。

今までもこれからもずっとずっと。

私の子供に生まれて来てくれて本当にありがとう。

感謝です。


最後まで読んでくださりありがとうございました。



fukuchansmile * - * 21:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:25 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ